MENU

東北大学 災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 IRIDeS 災害リスク研究部門
ENGLISH

研究分野概要 / Research Overview

災害ポテンシャル研究分野の概要

准教授 有働恵子
准教授 有働恵子

災害ポテンシャル研究分野は,高波,高潮,津波,洪水などの災害の被災メカニズムを明らかにし,災害リスクを定量化するとともに,効率的な被害軽減技術を開発することを目標としています.将来は気候変動に伴う海面上昇,降雨特性の変化などが災害に及ぼす影響も危惧されており,そのリスク評価と適応策については特に重要な課題と位置付けています

主要な研究テーマとしては,

  • 気候変動に伴う将来の砂浜消失予測と適応策の提案
  • 津波による海岸堤防の破堤・国土侵食メカニズムの解明
  • 自然堤防の機能を有する海岸砂丘の長期的な変形メカニズムの解明
  • 衛星画像を用いたリモートセンシングによる広域の被害把握技術の開発
  • 日本・東南アジアの水災害メカニズムの解明

などが挙げられます.

人々の安全で住みやすい生活の基盤を作るために,山から海までの広域にわたる「水」・「土砂」の長期的な循環とこれによる人々の生活への影響に関する研究に取り組んでいます.