MENU

東北大学 災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 IRIDeS 災害リスク研究部門
ENGLISH

研究室を希望される方へ

災害ポテンシャル研究室は東北大学災害科学国際研究所の一つの研究分野であり、水災害のリスクを定量化するとともに,効率的な被害軽減技術を開発することを目標としています。

災害ポテンシャル研究室(ポテ研)とは?

災害ポテンシャル研究室では、有働恵子准教授の下、国内外の海岸・河川における水災害やこれに伴う地形変化に関する研究を、現地調査や数値解析を通して行っています。

気候変動による自然災害が将来世界的に深刻化することが懸念されており、災害研究は今後ますます重要になると考えられます。日本は災害リスクが最も高い国の一つであり、例えば、海面上昇に関しては、将来海面が30cm上昇すると日本全国の砂浜の50%以上が失われることが予想され、そのリスク評価と適応策は重要な課題です。学生の研究テーマについては、指導教員が学生と相談しながら決めます。

カリキュラム

学部学生および大学院の教育課程については以下のサイトをご参照ください。

東北大学では、男女ともに学び、働きやすい環境をつくっていくための支援を積極的に行っています。

入試情報

災害科学国際研究所で、学部生(4年生)、修士課程あるいは博士後期課程の大学院生として勉学をするには、指導を希望する教員が担当する専攻の大学院入試を受験する必要があります。詳細については以下のサイトをご参照ください。

ゼミ

ポテ研ゼミには、Dゼミ(博士課程学生)、Mゼミ(修士課程学生)、Pゼミ(ポテ研全員)があります。D、Mゼミは水環境システム研究室、環境水理学研究室、津波工学研究室、広域被害把握研究室との合同ゼミです。合同ゼミでは各学生年に2、3回、数十人程の前で研究発表を行います。Pゼミでは、前期は東日本大震災や気候変動に関するレビューやArcGIS・プログラミングなど研究に必要なツールの修得を、後期は主に研究発表のゼミを行います。Pゼミのねらいは、自分の研究を人に分かりやすく伝える技術を身につけること、論理的考え方を鍛錬すること、基礎的な研究解析技術を身につけることにあります。

学会への参加

国内学会発表会で、年に数回研究成果を発表します。プレゼンテーション能力が向上され、更によい研究成果が出た場合は、よりレベルの高い国内外の学会で発表します。

国内、国際学会発表を行う際の旅費等は研究室から支給しています。

研究室行事

歓迎会、芋煮会、ソフトボール大会、野球大会、フットサル大会、追いコンなどがあります。

ご質問、ご興味のある方は、有働恵子准教授までお問い合わせください。

✉ udo@irides.tohoku.ac.jp